【楽譜】ガレオテ:冬のソナチネ(G&FlまたはVn)

ec-gendaiguitar

販売価格 ¥2,277 通常価格 ¥2,530

短くも激しい恋の物語を3つの楽章で表現された作品です。
スコア、FlまたはVnのパート譜付き。

第1楽章「Poniente」
Ponienteは西から吹いてくる雨風の名前です。西は太陽が沈む場所であるだけでなく、夜が始まる場所でもあります。
第1楽章は、新しいことの始まり、幸せ、新鮮さを表しています。高音を奏でるギターの一定のリズムの上で、ヴァイオリンが新鮮さと自発性を喚起します。ヴァイオリンが楽しげに手話をしている間、ギターはその伴奏にとどまらず、リズミカルで一定のテーマを持つ対位法的な役割を担っています。
またギターが単独で、反射的にゆっくりと演奏し、恋人たちの再会を待つ人の孤独の瞬間を表現しています。

第2楽章「Largo-Balada-Largo」
2つのパートに分かれ、ヴァイオリンとギターの対話が始まり、ヴァイオリンが甘美なバラードを奏で、ギターがバロック的な対位法でそれに答えます。最後は第2楽章の冒頭と同じように静けさが戻ってきます。

第3楽章「Danza ritual」
恋人たちの再会、素早く、しかし強烈に燃え尽きる炎を表現しています。終わりには、ヴァイオリンが第1楽章の主旋律を再び登場させますが、変奏曲で、より激しく、ドラマチックになっています。


※こちらの動画は本楽譜に準拠した動画ではございませんが、ご参考になれば幸いです。
※Youtubeが表示されない方は【こちら】