【CD】稲葉順子〈プレリュード~稲葉順子ギターリサイタル〉

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥2,970

1. J.S.バッハ:無伴奏チェロ組曲第1番より〈プレリュード〉
2. L.ミラン:パバーヌ第1番
3. G.サンス:カナリオス
4. J.S.バッハ:主よ人の望みの喜びよ
5. J.S.バッハ:プレリュード・フーガ・アレグロより〈プレリュード〉
6. F.ソル:練習曲「月光」
7. F.ソル:魔笛の主題による変奏曲
8. N.コスト:舟歌
9. F.M=トローバ:ノクトゥールノ(夜想曲)
10. M.deファリャ:ドビュッシー賛歌
11. カタロニア民謡~M.リョベート編:聖母の御子
12. F.タレガ:ラグリマ
13. I.アルベニス:アストゥーリアス
14. F.タレガ:アルハンブラ宮殿の想い出
15. A.ルビラ:映画『禁じられた遊び』より〈愛のロマンス〉

『ヨーロッパのクラシック音楽―ルネッサンス期(黄金時代)―近現代―』をテーマに、19世紀とモダン、2台のギターで贈るギター名曲の数々を収録。(ウッドノートスタジオ)

【稲葉順子】
クラシック・ギターを篠原正志、稲垣 稔、両氏に師事。兵庫県、宝塚市出身。
1995年よりクラシック・ギター習得のためスペイン(マドリッド)に留学。J.アリサ氏、J.カルドーソ氏に師事。またJ.トーマス氏、D.バジェッシェロス氏、J.アリサ氏等による国際マスタークラスを受講。1997年に渡英し、ギルドホール音楽院(ロンドン)にて、A.アルバネス氏に師事、G.エリオット氏に和声学を師事。またC.ボネル氏にプライベート・レッスンを受ける。
1997年7月“Recital Certificate”を同音楽院にて取得。1998年6月、再渡英して、ギルドホール音楽院における演奏者資格試験“L.G.S.M.D.(Licentiate of the Guildhall School of Music & Drama) Performance Diploma”に合格しディプロマを取得。スペイン、イギリスにて教会等での演奏会を開催する。
2000年東京すみだトリフォニーホール(小ホール)にてデビューリサイタルを行なう。また、宝塚ベガホールにて関西でのリサイタルを行なう。以後、ソロ、デュオ、トリオ、ヴァイオリンなど他楽器とのアンサンブルで積極的な演奏活動を行なっている。
2010年CD「稲岡満男&ギターランド・アンサンブル“スペインの旅”」の中で、稲岡満男氏との二重奏にて2曲を収録。また2010年より恩師である篠原正志氏主宰の音楽祭“いいづなムジカフェスタ”にて10年間講師を務める。
聖心女子大学卒業。日本ギター協会正会員。

【スタッフのオススメ】