【CD】アルフォンソ・バスキエラ(G)、ほか〈ヨーロッパ中部のギター~1940年から1980年までのオーストリアとドイツのギター音楽〉

ec-gendaiguitar

販売価格 ¥2,338 通常価格 ¥2,750

ブルクハルト:パッサカリア/コヴァツ:短い練習曲第2巻/ハルティヒ:リコーダーとギターのための《5つの小品》Op.25、3つの小品 Op.26/コヴァツ:ギターのための小品集/ルビン:小さなセレナーデ

アルフォンソ・バスキエラ(ギター)、アレッサンドロ・バッチーニ(リコーダー)、マルコ・ニコレ(ギター)

アルフォンソ・バスキエラは、アンドレス・セゴビアの弟子、アンジェロ・アマートにギターを師事し、演奏活動はもちろんのこと、楽譜や教本の編集、出版にも数多く携わるイタリアのギタリスト。
バスキエラはオーストリアとドイツで1940年代から80年代初頭にかけて作曲、出版されたギター作品に着目。20世紀の両国におけるギター芸術の変遷を自らの演奏で解説してくれています。
※録音:2018年12月30日&2019年3月2日、プレガンツィール・ディ・トレヴィーゾ(イタリア)
(東京エムプラス)