【CD】カルロ・フィーレンス〈コスト:ギター作品全集 Vol.2 ~変奏曲と幻想曲〉

ec-gendaiguitar

販売価格 ¥2,338 通常価格 ¥2,750

ナポレオン・コスト(1805-1883):ヴァイグルの歌劇《スイス人の一家》の主題による変奏曲と終曲 Op.2/アルミードのバレエのモチーフによる幻想曲 Op.4/演奏会用幻想曲 Op.6/ドニゼッティの歌劇《ランメルモールのルチア》によるディヴェルティスマン Op.9/スペインの《ラ・カチューシャ》によるカプリス Op.13/ベッリーニの《ノルマ》のモチーフによる幻想曲 Op.16/ロマネスカ Op.19b/ベッリーニの歌劇《海賊》の主題による序奏と変奏 WoO.9

使用ギター:ルネ・ラコート1855年製

《録音》
2020年12月
マクウェイヴ・スタジオ(ブレッシャ、イタリア)



ギターのレパートリーとテクニックの両面において決定的な足跡を遺したフランスのギターの巨匠、ナポレオン・コストの作品の全てを網羅するシリーズの第2巻。
「変奏曲」と「幻想曲」をテーマとした第2巻を奏でるのは前作に引き続き、名匠リカルド・イズナオラからその実力を称賛されたイタリアのギタリスト、カルロ・フィエレンス。
ナポレオン・コストの代名詞でもある「7弦ギター」。
名工ルネ・ラコートが1855年に製作した貴重な7弦ギターを手に、華麗なる「変奏曲と幻想曲」の世界を繰り広げます。
[東京エムプラス]