【CD】カルロス・ナバロ〈DANZAS~ギターによる舞曲集〉

ec-gendaiguitar

販売価格 ¥2,475 通常価格 ¥2,750

ホアキン・トゥリーナ(1882-1949):セヴィリアーナ Op.29/ホアキン・ロドリーゴ(1901-1999):祈りと踊り/ミゲル・リョベート(1878-1938):ソルの主題による変奏曲 Op.15/エンリケ・グラナドス(1867-1916):10の感傷的なワルツ(ホアキン・クレルチ編曲)/アントニオ・ラウロ(1917-1986):3つのベネズエラ風ワルツ/ウィニー・ケルナー(1974-):3つの舞曲 Op.3/山下光鶴(1994-):パヴァーナ/フアン・ベニテス・レイエス(1931-2009):Asi Baila mi Trujillana (ホルヘ・ベガ編曲)/フェリペ・ピングロ・アルバ (1899-1936):Locos suspiros (ホルヘ・ベガ編曲)/ダニエル・アロミア・ロブレス(1871-1942):コンドルは飛んで行く (ラウル・ガルシア・ザラテ編)

ペルー出身のギタリスト、カルロス・ナバロは初のソロ・アルバムを「ダンス」に捧げ、セゴビアの依頼で作曲されたトゥリーナの 《セヴィリアーナ》 やロドリーゴの《祈りと踊り》、リョベートの 《ソルの主題による変奏曲》(主題は有名な舞曲「ラ・フォリア」)など、民族的なダンスにインスパイアされた作品を集めました。山下光鶴(1994-)の 《パヴァーナ》、ウィニー・ケルナー(1974-)の 《3つの舞曲》 といった現代作品や、グラナドスの 《10の感傷的なワルツ集》 のような編曲作品も収録されています。

【スタッフのオススメ】