【楽譜】復刻版ひき語りでいこう第1巻ベスト56/原 荘介・編

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥2,200

愛する人に歌わせないで(森山良子)/あいつ(平岡精二)/愛のくらし(加藤登紀子)/愛のロマンス(スペイン民謡)/あなたのすべてを(佐々木 勉)/あの素晴らしい愛をもう一度(加藤和彦)/ああ青春(原 荘介)/イムジン河(加藤和彦)/想い出のグリーングラス(森山良子)/上を向いて歩こう(坂本 九)/おばあちゃんの旅立ち(原 荘介)/カチューシャの唄(松井須磨子)/悲しき天使(G.ラスキン)/川の流れのように(美空ひばり)/神田川(かぐや姫)/希望(いずみたく)/学生街の喫茶店(ガロ)/銀色の道(ダーク・ダックス)/黒いネコ~彷徨(さまよ)い猫(原 荘介)/恋人(森山良子)/キサス・キサス・キサス(ナット・キングコール)/さくら(独唱)(森山直太朗)/サン・トワ・マミー(越路吹雪)/四季の歌(いぬい・ゆみ)/シクラメンのかほり(布施 明)/島原の子守歌(森山良子)/酒と泪と男と女(河島英五)/倖せはここに(石原 裕次郎)/白いブランコ(ビリー・バンバン)/昴(谷村新司)/時には昔の話を(加藤登紀子)/瀬戸の花嫁(小柳ルミ子)/戦争を知らない子供たち(ジローズ)/竹田の子守唄(日本民謡)/誰もいない海(越路吹雪)/月の砂漠(佐々木すぐる)/遠い世界に(五つの赤い風船)/時の過ぎゆくままに(沢田研二)/時計~エル・レロ(ロベルト・カントラル)/昭和ブルース(ブルーベル・シンガーズ)/嘆きのセレナード(E.トセリ)/八月の濡れた砂(石川セリ)/花の首飾り(ザ・タイガース)/花はどこへ行った(ピート・シーガー)/花祭り(エドモンド・P.サルディバル)/波浮の港(中山晋平)/ひとり寝の子守唄(加藤登紀子)/ベサメ・ムーチョ(コンスエロ・ベラスケス)/星に祈りを(佐々木 勉)/窓辺の花(原 荘介)/みかんの花咲く丘(海沼 実)/夜明けのうた(岸 洋子)/夜明けのスキャット(由紀 さおり)/ラ・ノビア~泣きぬれて(ホアキン・プリエト)/魅せられしギター(ガイ・ウッド)/散歩道(原 荘介)

1960年代末~70年代に驚異的な売上を誇った「原 荘介・編/ギターでうたうフォークソング ひき語りでいこう」シリーズが復刻版として蘇りました。フォーク・ブームに湧き、若者ならギターの1本は必ず手にしていた時代。ギターを片手に、青春の歌をひき語る若者が、今では想像もつかないほどたくさんいた時代。そんな中、出版された全9巻の「ギターでうたうフォークソング ひき語りでいこう」シリーズと、それらをまとめた4巻立ての「ダイジェスト版 ひき語りでいこう」シリーズを原本に、当時人気の高かった曲をピックアップし全3巻にまとめました。また、当時掲載されていなかった新たなスタンダードな名曲も各曲集に加えています。編者の原 荘介氏はギターひき語りの第一人者。現在も根強いファンが多く、ステージ演奏や後進の指導に当たるなど、精力的な活動をされています。フォーク・ブームを体験している世代はもちろん、ギターを弾きながら歌ってみたい全ての世代にお薦めの「歌本」です。

※「弾き語り」用の曲集です。ギター独奏ではありません。
※60~70年代の楽譜の復刻版です。一部、音符や文字が読みづらい箇所がございます。ご了承ください。

【スタッフのオススメ】