【CD】ニコ・ロハス〈ギターのためのフィーリン〉

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥2,750

ニコ・ロハス:母に捧げるグアヒーラ、ベボに捧ぐ、エレニータとホルヒート、サルディゲーラとビルリージャ、フランシートとアルフォンシート/ファレス~ロハス:3つの言葉/ニコ・ロハス:あるメディア人ヴァイオリン弾きの描写/バルセラータ~ロハス:ランチョ・グランデ(大きな田舎家)/ニコ・ロハス:父へのリズム、リジィアム、ユムリ谷にて、子どもの地団駄のリズム

決まった形式も無く、名前どおり感覚を重視されたキューバ音楽「フィーリン」。そのフィーリンの第一人者の一人であるギタリスト、ニコ・ロハスの1964年のアルバム。キューバ音楽だけでなく、クラシック、ジャズなど様々な音楽に影響を受け、独学でギターを学んだユニークな感性は、正統派クラシックギタリストにはない味わい深さがあります。大萩康司のレパートリーでも知られる「母に捧げるグアヒーラ」などニコ・ロハスのオリジナル9曲を含む、全12曲。