【楽譜】三上直子:木管楽器とギターのための「甘い言葉をかわして・・・」

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥2,200

この作品は2000年11月13日、アサヒビール株式会社主催のロビーコンサートにおいて鈴木大介のギター、古部賢一のオーボエにより初演されました。

「私は4度音程を好んで使用するのですが、ギターの鈴木大介氏から『そういう方がギターの曲を書くのは運命的、ギターが良く鳴る!!』と仰っていただいたのをよく覚えています。オーボエの古部賢一氏とは学生の時以来、久しぶりの再会でしたが、改めて素晴らしい演奏に鳥肌が立ちました。作品は、ユニゾンで始まる軽やかな旋律と、それを支えるハーモニーの進行が徐々に変化を遂げ、J.S.バッハの〈シャコンヌ〉へとモーフィングされていきます。」(序文より)

三上直子:作曲家。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。第4回「MUSIC TODAY 国際作曲コンクール」入選。2004年度PTNA新曲課題曲作品賞(特級)。『First Impression』(カワイ出版)、『小さい手のピアニスト』(ヤマハ・ミュージックメディア)他著書多数。2010年より久木山 直氏とのデジタルコンポーザーユニット「Dual_N」の活動を開始。2015年Dual_N『Shape of time』CDリリース(ALM RECORDS)。現在、洗足学園音楽大学、尚美学園大学、尚美ミュージックカレッジ専門学校、埼玉工業大学、各講師。

【スタッフのオススメ】


【GG番号】GG368