【CD】小暮浩史〈リブラ・ソナチネ〉

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥3,300

ディアンス:リブラ・ソナチネ
タンスマン:カヴァティーナ組曲
ドビュッシー~ブリーム:亜麻色の髪の乙女
コスト:演奏会用ロンド作品12
ド・ヴィゼー:組曲 イ短調 より<テオルボ演奏>
ラモー~グリザール:未開人たち『優雅なインドの国々』
サティ~宮原一浩:ジュ・トゥ・ヴ
R.ディアンス:ヴァルス・アン・スカイ
レーモン:ミサトに捧げる秋の詩

福田進一をして<晩学の天才>といわしめた、鬼才・小暮浩史による帰国後初の新録音。フレンチバロックから印象派、近・現代までのフランスのギター・レパートリーが並び、17世紀ド・ヴィゼーの作品に至ってはテオルボでの演奏という、凝ったプログラム。フランス留学を終えさらに充実した小暮による、響きのヴァリエーションに富む様式の変遷も楽しめる注目の1枚。(マイスター・ミュージック)

※レーモン「ミサトに捧げる秋の詩」の楽譜は【こちら】

【スタッフのオススメ】