【CD】スコグモ&フランケ〈フェレール:ギター二重奏作品全集〉

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥1,320

1. ドニゼッティの歌劇《寵姫 ラ・ファヴォリータ》の主題による幻想曲(1881)
2. ボレロ ホ短調 Op. 39(2台ギター版)(1897-1898出版)
3. ドニゼッティの歌劇《ルクレツィア・ボルジア》の主題による幻想曲(独奏ギター版)(1878)
4. テレプシコーレ:ワルツ Op. 45(1903-1904出版)
5. ミニュエ イ長調 WoO10(1883)
6. メランコリー:夜想曲 ハ長調 Op. 23(2台ギター版)(1895出版)
7. 水の精:ワルツ ト長調 Op. 26(2台ギター版)(1895-1896出版)
8. マズルカ WoO1(1925出版)
9. ワルツ・オリジナル WoO9(1879)
10. 湖の夜:幻想曲による変奏曲 ニ短調 Op. 14(独奏ギター版)(1888頃出版)
11. スペイン風セレナード イ長調 Op. 34(1897-1898出版)
12. ヴェルディの歌劇《椿姫》の主題による幻想曲(1884)

カタルーニャで生まれたロマン派の作曲家フェレル。彼の父親はアマチュアのギタリストであり、5歳から父の手ほどきを受けたフェレルは、優れたギタリストとして大成し、演奏するだけでなく作曲にも力を注ぎ、やがて教師として数多くの後進を育て上げます。パリにも長期滞在し、一時期はコメディ・フランセーズのギタリストを務め、またフランス社会協会のメンバーに名を連ね、リセウの学校では無償でレッスンを行うなど、社会的貢献も果たしています。彼は多くのギタリストたちと親交を重ね、数多くの共演を行いました。その結果生まれたのがこれらのギター・デュオ作品です。当時流行していた「歌劇の旋律を用いた幻想曲」やゆったりとした舞曲を含むオリジナル作品の数々は、パリの優雅な雰囲気を思い起こさせる美しさに満ちています。(ナクソスジャパン)