【書籍】ギターから見た近代日本の西洋音楽受容史

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥1,045

ギターが、明治時代にはじめて日本に伝わり、根付いていくまでの様子を描く。当時の貴重な歴史はもちろん、行なわれたコンサートや残されている書物・手紙などから先人たちの心の動きまでも読み取れる一冊。さらに近代日本の西洋音楽史についてもふれ、ギター史と西洋音楽史の両方にとって貴重な本。日本人にとって「三味線がギターに変わった日」。

<目次>
◆第1章 ギター渡来前史
◆第2章 西洋音楽が街にやってきた
◆第3章 ギターに魅せられた人々と、セゴビアの奇跡
◆第4章 武井守成とマンドリン・オーケストラ
◆第5章 幻のギタリスト池上冨久一郎
◆第6章 大河原義衛の早すぎた死と、沢口忠左衛門
◆第7章 小倉俊と中野二郎の執念と、その成果
◆第8章 戦争で失われた未来と、新たに芽吹いた響き

※本書は2010年刊行『ギターと出会った日本人たち~近代日本の西洋音楽受容史~』(小社刊)を加筆・修正し文庫化したものです。

■著者について
竹内 貴久雄(たけうち・きくお)
音楽文化史家、音楽評論家、書籍編集者。1949 年生まれ。詳細な調査を行なって解説したCD『黎明期の日本ギター曲集』(演奏:山下和仁、日本クラウン)が文化庁主催芸術祭大賞を受賞して以来、近代日本の西洋音楽受容史に深く関心を持って研究を続けている。レコード・CD コレクターとしても著名で、その収集の成果は、演奏スタイルの変遷を踏まえたクラシック音楽評論として、独自の視点を示している。著書に『唱歌・童謡100の真実』(ヤマハミュージックエンタテインメントホールディングス)、『コレクターの快楽―クラシック愛蔵盤ファイル』(洋泉社)、共著に『名曲への旅』(音楽之友社)、『クラシック反入門』(青弓社)、編著に『クラシック名曲名盤事典』(ナツメ社)、『歴伝・洋楽名盤宝典―精選「LP 手帖」月評』(音楽出版社)ほか。CD 解説も、演奏史を踏まえた視点から多数執筆している。
[YAMAHA]