【CD】シューグレン(Vn)、ハンニバル(G)、ほか〈『LPの時代から』 ~ パガニーニ&カール・ニルセン 〉

ec-gendaiguitar

販売価格 ¥2,525 通常価格 ¥2,970

ニコロ・パガニーニ*:チェントーネ・ディ・ソナタ第4番 イ長調 Op.64 no.4、ヴァイオリンとギターのためのソナタ第1番 イ長調 Op.2 no.1、ロマンス(《大ソナタ》 Op.39(カール・シャイト 編曲)から)、協奏的ソナタ イ長調 Op.61、チェントーネ・ディ・ソナタ第2番 ニ長調 Op.64 no.2/カール・ニルセン**:ヴァイオリン・ソナタ第1番 イ長調 FS20(Op.9)、ヴァイオリン・ソナタ第2番 ト短調 FS34(Op.35)

キム・シューグレン(ヴァイオリン)
ラース・ハニバル(ギター)*
アネ・ウーラン(ピアノ)**

デンマークのヴァイオリニスト、22歳の時に最年少で王立デンマーク管弦楽団のコンサートマスターに就任したキム・シューグレンが録音したパガニーニのヴァイオリンとギターのための音楽とカール・ニルセンのヴァイオリンソナタが、新たなデジタル・リマスターで初めてCD リリースされます。
キム・シューグレンは、オーフス王立音楽アカデミーでヘンリク・サクセンスキョルとトゥター・ギウスコウに学び、17歳でデビュー。チェコ、ローマニア、アメリカに留学した後、コンサートマスターに選ばれました。ギターのラース・ハニバルは、オーフス王立音楽アカデミーでギター、ハーグの佐藤豊彦にリュートを学び、前妻ミカラ・ペトリと共演したコンサートや録音で知られています。ニルセンのソナタは、アネ・ウーランとの貴重な共演です。ウーランは、王立デンマーク音楽アカデミーでヘアマン・D・コペル、ローマでグイド・アゴスティに学びました。カール・ニルセンの全ピアノ作品やベートーヴェンのソナタ全曲の録音で親しまれ、多くの若い音楽家を育て慕われた芸術家です。
※録音:1983年(パガニーニ)、1984年(ニルセン)、コレモーテン・スタジオ(デンマーク)[DACO221, DA-CO222(stereo ADD)]
※当タイトルは、高品質メディア(SONY DADC/Diamond Silver Discs)を使用した、レーベル・オフィシャルのCD-R盤となります。
(東京エムプラス)