【CD】ベルティーニ(S)&フィッコ(G)〈ジュリアーニ:声楽とギターのための作品集〉

ec-gendaiguitar

通常価格 ¥2,750

大序曲 Op.61/6つのアリエッタ Op.95/ヘンデルの主題による変奏曲 Op.107/ロマンス Op.27/英雄ソナタ Op.150/6つのカヴァティーナ Op.39/歌劇《タンクレディ》の「こんなに胸騒ぎが」によるカヴァティーナ Op.79

ロッサーナ・ベルティーニ(ソプラノ)、ダヴィデ・フィッコ(ギター)

クラシック・ギターの歴史の中で燦然と輝くイタリア、ナポリのヴィルトゥオーゾ、マウロ・ジュリアーニ。19世紀のコンポーザー=ギタリストが遺した声楽とギターのための美しき作品を歌うのは、モンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」(OGCD 922807)がレコードアカデミー賞に選ばれたラ・コンパーニャ・デル・マドリガーレのメンバーとしても活躍中の名ソプラノ、ロッサーナ・ベルティーニ!イタリア古楽界屈指のギタリストの1人であり、レコーディング・エンジニア(前述のモンテヴェルディの「聖母マリアの夕べの祈り」でもエンジニアを担当)としても高名なダヴィデ・フィッコとのデュオが、ジュリアーニのメロディアスな旋律美と、ヴィルトゥオーゾならではのテクニカルなパッセージをたっぷりと聴かせてくれています。※録音:2013年7月、イタリア(東京エムプラス)